クラウド wikipedia

クラウド wikipedia。クラウドと聞いてどんなものかわかりますか?おそらくほとんどの人がクラウドという単語は聞いた事があるが、実際にどんなものを指す言葉なのか、またどういったものなのかを説明する事ができる人はそういないでしょう。実際クラウドは、パズワードと言われる、えたいのしれないものを指す言葉に分類される場合もあるくらいです。そのためにクラウドをwikipediaで検索をかけた人も多いのではないでしょうか?実はこのwikipedia自体がクラウドのサービスという事にもなるのです。wikipediaは記事を不特定多数のユーザーが編集しています。それを不特定多数のユーザーが読んでいます。これはネットワークの向こう側にいる人の情報を得る事になります。クラウドというものはこのネットワーク上から情報を好きな時に引き出してくる技術の事を言うのです。

exchange クラウド

exchange クラウド。exchangeとは、マイクロソフト社のメッセージングサーバソフトウェアの事で、メールサーバとグループウェアの機能を足したようなソフトウェアの事を指す。このexchangeのクラウド版がマイクロソフト社から提供をされている。マイクロソフト社からのクラウドサービスであり、価格は月間で1044円という価格である。このようにクラウドの技術はネット業界の最大大手であるマイクロソフトですらサービス展開を始めており、今後クラウドのサービスの広がりはますます広がると思われる。これはクラウドがインターネットの世界では必要不可欠な技術という認識が常識になっているという証である事は、まず間違いないと思ってよいだろう。

富士ソフト クラウド

富士ソフト クラウド。富士ソフトとは富士ソフト株式会社の事で、よく富士通と同一会社と思われがちではあるが、資本的にはどの企業グループにも属さない独立系の企業である。事業内容は、ソフトウェアの開発、販売やアウトソーシングサービスなどを行う企業で、クラウドのサービス事業も当然行っている。現在、インターネット関連企業でいわゆる大手と言われている企業でクラウドのサービスを事業展開していない企業は皆無といってもいいのではないか?業界全体がクラウドの技術無しでは何もする事ができなくなってきているのである。その為、クラウドには無限の可能性が秘められていると言っても過言ではない。その可能性に魅力を感じ、事業参入する企業が後をたたないのである。

日本ibm クラウド

日本ibm クラウド。日本ibmは日本アイ・ビー・エム株式会社の事を指し、アメリカのIBMの日本法人である。アメリカのIBMの100%子会社である有限会社アイ・ビー・エム・エーピー・ホールディングスの100%子会社であり、アメリカのIBMの孫会社にあたる。日本ibmでも、現在インターネットの業界で主流なサービスとなっているクラウドのサービスを展開している。インターネット関連の事業をしている企業はほぼこのクラウドの技術を利用する事になる為にその需要は非常に多いはずではあるが、現状、インターネット関連企業のクラウドサービスへの事業参入が激増しており、競合他社との激しいシェア争いが予想されている。そんな状態が予想されているにもかかわらず、クラウド事業への参入をするのは、やはりその需要量が多い為と思われる。

日立ソフト クラウド

日立ソフト クラウド。日立ソフトは日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の事を指す。日立ソフトは日立グループのグループ会社の一つで、日立といえば世界不思議発見であるが、この世界不思議発見のCMに最近クラウドのCMが流れているのをご存じだろうか?俳優の佐藤浩一が出ているあのCMである。クラウドと言われてほととんどの人がなんの事かさっぱりわからないと思われる。クラウドというのはインターネットの世界で、今ではかかす事ができない技術であり、ほととんどのインターネットユーザーが知らず知らずのうちに利用をしてしまっている技術である。日立でもクラウドのサービスの展開をしており、あのCMはクラウドの利用をユーザーに促しているといっても過言ではない。

クラウド バズワード

クラウド バズワード。クラウドがパズワードと言われているのをご存じだろうか?パズワードとは、世間、あるいは業界一般などの一定の一般的なグループの間で喧伝されてはいるが、その実態が明確ではない言葉の事をいい、よくわからないけれどもなんだか凄そうだぞという事を指す言葉と言われている。確かにクラウドというものの明確な定義が知れ渡っているわけでもない。だが、クラウドの技術はインターネットの世界に確実に浸透されており、今では、専門的な技術を必要とする人から、ネットの一ユーザーまでありとあらゆる人が実は触れている技術である。しかし、ほととんどのユーザーはこのクラウドの存在を言葉は聞いた事はあるが、実際にはどんなものかわかっていないという人が多い。その為パズワードと言われる。

sun クラウド

sun クラウド。sunはアメリカのIT企業である、Sun Microsystemsの事を指します。Sun Microsystemsはクラウドコンピューティング向けプラットフォーム「Sun Open Cloud Platform」とクラウドサービス「Sun Cloud」を発表しました。クラウドは、正式名称をクラウドコンピューティングといい、インターネットの世界では革命的な技術と言われています。一時の過熱ぶりから落ち着きつつあったIT企業のバブルですが、このクラウドの登場により、IT業界は第二のバブル期を迎えつつあります。アメリカのIT企業だけではなく、日本でもNECや日立のように、TVでCMをうつ程のクラウドのサービス展開をする企業も現れており、今後この盛り上がりはしばらく続く事が予想される。

クローズアップ現代 クラウド

クローズアップ現代 クラウド。NHKのニュース番組であるクローズアップ現代。国営放送のニュース番組でもクラウドが取り上げられました。クラウドは正しくは、クラウドコンピューティングといい、インターネット業界で今大旋風を巻き起こしている技術である。そのクラウドにクローズアップ現代は目をつけたのであろう。クラウドの出現により、インターネットの世界はまさに一変したといってもよい。インターネット上で展開をされている全てのサービスはこのクラウドの技術を利用されているといってもいいでしょう。また大企業は各社こぞってクラウドのサービスを提供しております。TVのCMもあるくらいのサービスに成長しており、今後もこの広がりは続くものと思われる。

itpro クラウド

itpro クラウド。itproとは情報技術(IT)とりわけ企業情報システムの企画・構築・運用・利用に様々な立場でかかわる方々に向けた総合情報サイトの事を指します。このitproも今ネットの世界で大注目のクラウドコンピューティングのサービスを紹介しております。クラウドはネットを利用するほぼすべてのユーザーがこの技術の恩恵を受けているのではないでしょうか?現在のインターネットの世界ではクラウドがなければ成り立たないというのが現状です。各ネット関係の企業から提供されるサービスにはどこかしこにはクラウドの技術が使われているのです。こうした現状はまさにクラウドによってもたらされた第二のITバブルといってもよいでしょう。itproにもその当たりの事が紹介されております。

日本ユニシス クラウド

日本ユニシス クラウド。日本ユニシスとは東京都江東区豊洲に本社を置く、ビジネスソリューションを提供するITサービス企業。 また、グループ企業である。日本でも有数の規模のITサービス企業である日本ユニシスのような企業も現在ではクラウドを利用する事が当たり前となっている。社内のネットワーク構築から何から全てクラウドの技術が用いられ、また自社のユーザーに対してもクラウドを用いたサービスを展開する事で、大きな利益を上げているのである。クラウドの技術で大きな利益をあげているのは日本ユニシスのような大企業だけではない、インターネットの業界では様々な規模の企業があり、小さい規模の会社でもクラウドの技術のおかげでこの不況の中増収増益を達成している企業が数多く存在するのである。